月別アーカイブ: 2014年4月

29歳独身男性団体職員のセックスフレンド募集軌跡

私はワクワクメールの利用を開始する一週間前に彼女と別れ、失意の底に居ました。
彼女をふったのは私でしたが、毎日の様に彼女と濃厚なセックスをする性生活を送っていたので、その彼女が居なくなった途端に私はセックスが出来ない日々を過ごす事になり、毎日セックスをしていた人間がセックスが出来なくなる事のつらさをその時に初めて思い知ったのです。
そして私はワクワクメールを利用してセックスフレンドを作る事を決意しました。

インターネットサーフィンをしている時に以前からワクワクメールの広告を見かけていて気にはなっていました。
しかし、当時は彼女が居たのでセックスフレンドを作ろうと思わなかった為にインターネットの有名出会い系サイトであるワクワクメールを利用する機会が無かったのです。
そのワクワクメールを利用してセックスフレンドを作る為に私はワクワクメールのサイトに行き、その日の内に会員登録をして利用を開始しました。

ワクワクメールは初めて利用する私にもとっても見やすいサイト構成になっていて、すぐにセックスフレンドを作る為の女性へのアプローチをする事が出来ました。
やり方は簡単で、会員登録をした後にサイト内の掲示板で「セックスフレンド募集」という書き込みをしていた女性とやり取りを行い、メール交換を行うだけで後はその2人のメールのやり取りに流れが繋がっていく、という感じでした。
私はワクワクメールを利用開始したその日に早速、人妻の女性のセックスフレンド希望というメールを自分のメールボックスに受信する事が出来たのです。

33歳の人妻と名乗る彼女は日頃から旦那とセックスレスで欲求不満状態になっていて、セックスフレンドとセックスをしたくてワクワクメールに会員登録したとメールで打ち明けてくれました。
私達はメールのやり取りを開始してから3日後に、あるターミナル駅の改札口付近で待ち合わせをして会う約束をして、実際にその改札口で会う事が出来たのでした。

駅の近くの喫茶店に入り、他愛も無い世間話をしていたのですが、喫茶店に入って30分ほど経った時に彼女の方から「じゃあ、今日はどうしましょうか。お茶だけして帰りましょうか。」としびれを切らしたかの様に言ってきたので、私達は喫茶店を出て近くにあるラブホテルへと入っていったのでした。

ラブホテルの室内で彼女は「アナルに入れて欲しい」と言ったので私は彼女とアナルセックスを行い、私は彼女の肛門の中に精子を出して「精子をお土産にしたからね」と言うと彼女は「嬉しい」と言いました。